造影CT時のポート使用は造影効果に影響するのか?

CT検査における末梢血管と植込み型ポートシステムを用いた造影の比較検討

Comparison of contrast imaging timing from peripheral blood vessels and contrast enhancement from implanted port system in CT examination

 

CT造影検査時のパワーポート使用は、平行相撮影では差がなく、動脈相のCT値を減少させるとのこと。

しかし、抹消血管群に比べパワーポートのほうが安定した造影を行うことができる。

ダイナミックのピークが通常より早くなるため、プレップ使用が原則か。

4ml/sec以上であってもパワーポートの場合は下大静脈の逆流を起こしている可能性がある。

日放技 2019.66(800).31-38.

 

パワーポート用のプロトコルを用意する必要があると感じる。

患者負担を考えると穿刺回数は少ないにこしたことはない。

Dynamicだけならまだしも3DCTAの構築ならもろに影響するので末梢ルートにするべきだ。

 

まとめ

ケモフォロー造影(平衡相):ポートがbetter
通常造影:末梢 and ポート
dynamic(Ax):末梢 and ポート(+prep)
3DCTA:末梢


コメント

タイトルとURLをコピーしました