頸部MRAは意外と・・・

胸部大動脈解離に伴った一過性虚血発作で 大動脈弓・頸部MRA元画像が有用であった2例

Usefulness  of  source  image  of  aortic  arch  and  neck  MRA  in  the  diagnosis   of  aortic  dissection  complicated  by  transient  ischemic  attack:  two  case  reports

急性大動脈解離(acute  aortic  dissection;  AAD)は典型的な胸背部痛,血圧の左右差や胸部レントゲンにて上縦隔の拡大が伴わない場合に,虚血性脳血管障害を疑われ,誤って組織プラスミノーゲンアクチベータ(tissue plasminogen activator;  t-PA)が投与されると大動脈解離の破裂や心タンポナーデなどを来し致命的となる。

そんな時に大動脈弓から続く頸部MRAを撮像していると診断に有用である

脳卒中.2015.

 

胸部大動脈解離の疼痛は,

95% 裂けるような疼痛や移動する疼痛が特徴であり,
85% 急性発症
6% 発症時期不詳1)
4.515% 意識障害や失語,失神のために疼痛がない2, 3

1) 松尾  汎,渡辺  孝:診断.阿部稔雄編: 大動脈解離―病理・診断・治療  第3章.名古屋,名古屋大学出版会,1992,pp  31–53
2) Gerber  O,  Heyer  EJ,  Vieux  U:  Painless  dissections  of  the  aorta presenting  as  acute  neurologic  syndromes.  Stroke  17:  644–647, 1986
3) Gaul  C,  Dietrich  W,  Friedrich  I,  et  al:  Neurological  symptoms  in type  A  aortic  dissections.  Stroke  38:  292–297,  2007

 

胸部大動脈解離の血圧の20 mmHg以上の左右差の頻度は1538%で3, 4,脈が触れないものは2030%ある5).

4) Klompas  M:  Does  this  patient  have  an  acute  thoracic  aortic  dissection?  JAMA  287:  2262–2272,  2002
5) Castillo  J,  Leira  R,  García  M,  et  al:  Blood  pressure  decrease during  the  acute  phase  of  ischemic  stroke  is  associated  with brain  injury  and  poor  stroke  outcome.  Stroke  35:  520–526,  2004

 

受診時の血圧が100 mmHg/70 mmHg以下や高血圧の既往を有するのに血圧が高くない脳梗塞や特に右上肢の血圧低下を認める場合には注意を要する.

胸部大動脈解離の胸部レントゲン検査の診断率は2548%で,胸部大動脈解離症例の約12%が正常であり,大動脈基部における解離や弓部の拡張がないものでは上縦隔の拡大は認めない.

MRAでは呼吸による胸郭の運動や心臓や血管拍動による影響を受けるが,2D-FIESTAで解離を診断可能である6).

6) 林健太郎,森川  実,竹下朝規ら:脳梗塞を合併した大動脈解離の診断にMRI/MRAが有用であった1例.脳神経外科速報 21: 1046–1050, 2011

上記からt-PA時の胸部大動脈解離をXPのみで否定するというのは無理がある話である。

血圧の左右差も絶対では無いため画像診断でけりをつけるしかないが全てで造影できるわけではないので単純CTか、MRA or FIESTAを行った方がベターか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました