完璧な条件設定とは

「計画そのものに価値はない。計画し続けることに意味があるのだ。」ドワイト・アイゼンハワー

[Think Clearly] ロルフ・ドベリ著 サンマーク出版

 

些細な修正でも自分が間違っていたことを内観的に認めてしまうことになり

最初の設定条件にこだわりすぎてしまう。

つまりは失敗へのプロセスだ。

すべての物事には「予定」はあるが、「予定通り」はなく

「完遂」というのは幾度とない修正の後に最適化された姿である。

大事なことは、スタート時の意気込みではなく、ゴールすることなのだ。

 

著書にはこうある

「何事もある条件のもとでスタートさせ、それが進んでいく過程で持続的に調整をほどこすのが、正しいやり方である」

コメント

タイトルとURLをコピーしました