地震とMRI

震災時の地域医療を支えるMR検査の安全確保

Safety for MR Examinations in the Event of Earthquakes: A Workshop at the 41st Annual Meeting of the Japanese Society for Magnetic Resonance in Medicine

東日本大震災にを元にした防災時に関するMR装置の安全指針である

災害時の安全管理

・被災状況を分類する

A.建物倒壊マグネットに人を近づけさせない処置が必要

B.MR設置状況の異常・ずれシステム保全・クエンチ防止

C.建屋一部倒壊できるだけ検査は避ける。施設の最終判断

D.人命救助のため使用不可同上

大事なのは吸引事故を防ぐこと。MR室周辺に素人を近づけさせない。

あとここも大事です。

保守契約内容を勘案しながら使用者責任で独自復帰するのか、サービスマンによる復帰に委ねるかを決める

防災指針

・免震構造が最もよい

・付加工事による免震化(床免震、台座免震)は問題あり。

・緊急地震速報にて患者救出に向かうことは有効

・日常での訓練は必須。チェック項目に「緊急地震速報システムの有無・寝台タイプ・患者移動方法」を入れる

緊急停止システム

・各種ボタンが多く、手間どう事例が発生

ボタンに国内共通表記シールを貼る or 挙動をそれぞれの病院で確認しておく

JJMRM.2014.34(1).6-13.

 

これから地震対策をやるかたは是非参考に。

病院新築の方達は、今一度元から構造改革できるようアピールするChanceですよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました